これで安心できます | 個人輸入を使ってハートガードプラスを手に入れることが可能です

個人輸入を使ってハートガードプラスを手に入れることが可能です

これで安心できます

2種類のカプセルとその中身

フィラリアの脅威もすごく恐ろしいですが、それと同様に「白内障」と呼ばれる病気にもしっかり気をつけておきたいところです。
白内障というのは水晶体が白濁する症状になり、犬でも最近では頻繁に見かけるようになりました。
人間と同様である程度歳を重ねてから白内障が発症するので、犬の場合は大体6歳くらいから白内障になりやすいといわれています。

そして白内障という病気は、基本的にずっと続く病気です。
つまり途中から自然回復することはまずありませんので、必ず何かしらの方法を使って治していくことになるでしょう。
なお治療については主に「内科的」な方法と「外科的」な方法になってきます。
しかしちゃんと手術をする場合はかなりのお金がかかってくるので、まずは一旦内科的な薬物療法を試してみてください。

その際によく利用されるのが「シーナック」と呼ばれる薬になります。
シーナックというのは一般的には犬用の白内障に使う点眼薬として売られています。
なおキャンCと呼ばれる白内障対策をするための点眼薬のジェネリックとなっているので、かなり安い金額で手に入れることが可能です。

シーナックには「Nアセテルカルノシン」と呼ばれる成分が含まれていて、この成分こそが白内障の進行を抑制することができるようになっています。
そしてシーナックには他にもけい酸カルボキシメチルセルロースという成分が含まれていて、これが目に起こるかゆみだったりドライアイを改善してくれるようにできています。
だから白内障だと気づいたときには、ぜひシーナックの購入を検討してみてください。